朝早起きする習慣にするためには、夜早く寝る習慣にかえること!!

朝早起きする習慣にするためには、夜早く寝る習慣にかえること!!

気合と根性では朝早起きは継続できないようになっている!

なぜ、早起きをしようとしても挫折をし、あきらめてしまうのでしょうか?

それは、早起きするための準備・習慣ができていないからです。

朝早起きが出来ない理由とは??

朝起きる時間は、仕事を終える時間、食事をする時間、就寝までの家族との時間などが全て連結してできている一連のパターンの1つなのです。

 

朝早起きの決意を固めても、他のパターンが変わらない限り、数日早起きできても現状のパターンに引き戻されます。

このパターンを変えないために早起きが難しいのです。早起きを実現するには、今、現在の生活習慣を変える必要があります。


朝早起きするツボとコツは・・・

1.早く寝れば、早く起きられる
2.起きる時間ではなく、寝る時間を守る

午後10時〜午前2時の4時間は「睡眠のゴールデン・タイム」と言われる時間。この時間帯にできるだけ多く眠るようにすると、成長ホルモンが分泌され、ダイエット効果 、美白効果、創傷治癒効果などの作用があります。

朝早起きをするために明確な理由を作る!

朝早起きするには、早起きするメリットについて考えてみましょう!


朝早起きすると・・・

■心に余裕ができる

■満員電車に乗らなくてもよいので空間を確保できる

■交通渋滞に遭遇するリスク・荒い運転をしないので燃費が向上する

■一日のタスクをだし、計画的に仕事ができる

■頭がすっきりして効率的に物事をすすめることができる

などです。


そして早起きした自分に対して『ご褒美』を作りましょう。


朝早起きする習慣にするためには、夜早く寝る習慣にかえること!!

朝活東京特集情報



東京朝活・朝活東京東京朝活・朝活東京東京朝活・朝活東京東京朝活・朝活東京